スワップ取引について

スワップ取引はデリバティブの一種で、簡潔に言うと“金利取引”ということになります。

具体的なものとしては、同一通貨での固定金利と変動金利を交換する金利スワップ、異なる通貨同士を交換することによって金利を得ることを目的とした通貨スワップ、直物為替と先物為替を組み合わせた為替スワップ、長期的な資産の運用において特定の条件に基づき一定額が支払われるクレジット・デフォルト・スワップ、キャッシュフローが株価・株価指数に連動したエクイティースワップなどが挙げられます。

この中でももっとも一般的なのは金利スワップと通貨スワップで、金利の変動や通貨同士の金利差を利用した取引は、個人でも頻繁に行われています。

ネットワークの発達とビジネスのグローバル化が如実に反映された取引であると言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です