デリバティブの会計処理について

デリバティブの会計処理については、情報の開示や国際的な調和化といった問題、課題が叫ばれているのが現状であると言えます。

特に金利スワップの会計処理においてはスワップ損益に直接的に関わってくることもあり、会計処理方法についての考察、議論は絶えることがありません。

今後、デリバティブにおける会計処理については、その必要性から当業者に大きな課題を投げかけ続けることが予想されます。

現在のシステムは完全とは言えませんが、これらを会計構造レベルから見直すというのは非常に困難です。

以前までは、日本の会計基準においてもっとも大きな問題となるのは、企業の資産や負債といった重要なデータをリアルタイムで取得することが困難であるという点でした。

現在では時価主義会計が国際基準になっているため、時価やキャッシュフローが正しく反映された会計情報が開示されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です