デリバティブの危険性について

デリバティブの本来の目的は、企業あるいは個人の資産価値の維持、または保持などを目的とするものでしたが、最近では投機として取引が行われることも少なくありません。

企業がそうした形で投機を行う場合は、企業の資産状況や体質などが綿密に調査されますが、個人の場合ですと決してそうとは限らないのが現状です。

そのため、デリバティブはギャンブル要素の強い側面を帯びることになり、資産の多く、あるいは全てをそれにより失ってしまう人も現れてしまうわけです。

システム自体は非常に合理的であり、これらが日本経済、延いては世界経済を支える大きな支柱となっていることは確かですが、目的に応じて正しい活用方法を選択し、かつ正しい知識を身につけなければ、最悪身を滅ぼす一つの要因ともなりかねません。

企業の場合は、債権の不履行、倒産といったリスクを背負うことになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です