デリバティブの時価評価について

時価評価というのは、市場における原資産の価格をその時々で評価するということです。

外国為替の場合は決算時の市場レートで保有ポジションを評価することを表します。

つまり、決算時点での資産総額を、その時の時価で評価することを総じて時価評価と呼び、これによる評価額が現在の実質的な資産ということになります。

この時価評価は平成9年に開始され、それ以前は原資産の購入価格となる薄価を基に評価されるのが普通でした。

しかし時価評価の場合は、現在の資産状況、リスク管理、資産価値を正確に把握することができるため、今日ではこの時価評価が主流となっています。

なお、時価評価では、評価時点の総資産から消耗される額を差し引いた総資産を算出するのが普通です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です