デリバティブ取引とは

デリバティブ取引の大きな特徴は、投機、保険、リスク回避、裁定取引など、様々な目的に応じて柔軟に利用されているということでしょう。

例として債権や株式・不動産担保などの証券、実物商品や諸権利の取り扱いなどが挙げられます。

これらは当業者がそれぞれの資産の将来的な価格変動リスクを回避するため、市場にてそのリスクの分散を図る“保険”として用いられますが、最近では個人での資産運用に注目が集まってきているという背景も手伝い、投機手段として利用されるケースもしばしば見られます。

レバレッジ効果による差金決済やショートポジションが可能という点も、それらに拍車を掛けていると言えるでしょう。

それらの是非はともかく、資産の維持、資産の運用において効果的な契約として、近年大きく注目を集めています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です