先物取引について

先物取引とはデリバティブの一つで、市場にて価格変動を伴う商品に対し、将来的な売買を特定の価格で約定するものをいいます。

先物取引の歴史を見てみると、これらの本来の目的はリスクヘッジにあり、特に企業の資産運用などにおいて頻繁に行われていましたが、近年では個人によるスペキュレーションも多く見られるようになり、資産の維持・運用・リスクヘッジというよりは、投機手段として幅広く利用されています。

そのためか本来はリスクヘッジを目的としたものであるにも関わらず、取引による直接的なリスクにより損害を被るケースも度々見られます。

証拠金取引制度が採用されているのが特徴的で、レバレッジ効果を期待できるのも先物取引の特徴であると言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です