種類について

CFDの種類には、株式CFD、株価指数CFD、業種別指数CFD、債権CFD、商品CFDがあります。
株式CFD

株式CFDは、取引所で売買されている株をCFDにしたものです。日本株では日経225、米国株ではダウなど、世界各国の株式市場での取引が可能です。株式CFDは、実際に株を保有するわけではないので、株主にはならず、また、株主総会への参加や株主優待などの権限などもありませんが、通常の株取引と比べると、レバレッジなどにおいて優位があります。

株価指数CFD

株価指数CFDは、株価指数をCFDにしたもので、世界各国の株価指数を対象にしています。日本では日経225やTOPIX、アメリカではNYダウ、ナスダック、S&P500、そのほか、イギリスのFTSE、フランスのCAC、ドイツのDAX、イタリアのMIBなどの取引が可能です。

業種別指数CFD

業種別指数CFDは、業種別指数をCFDにしたもので、世界各国の業種別指数を対象にしています。日本の業種別指数では銀行や保険など、アメリカの業種別指数ではインターネットや放送などがあります。

債権CFD

債権CFDは、各国の債権をCFDにしたものです。CFDの中では取引量が少ない傾向にあります。

商品先物CFD

商品先物CFDは、商品先物をCFDにしたものです。金、原油、小麦などの商品を取引できます。商品先物CFDには満期がないというのも特徴です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です