CFDのデメリット

CFDのデメリットとして、CFDでは多くの金融商品で取引することが可能なのですが、それがデメリットになることもあります。

何千という中の商品からどれに投資しようか迷う方もいるようです。

取引できる銘柄が多いのはCFDのメリットでもあり、デメリットでもあります。

また、レバレッジにも注意が必要です。

レバレッジは、少ない証拠金で大きな取引が可能ですが、その分、リスクも大きいということです。

レバレッジを利用する際には、損切りも忘れずに設定しておくことが大切です。

レバレッジを大きく効かせることによりリスクも大きくなります。

そのほか、投資には、リスクがつきもので、これは、あらゆる投資に当てはまることかもしれませんが、CFD取引でも、FXなどと同じように元本保証がありません。

取引次第によっては、大きな利益を生み出すことも可能ではありますが、預けた証拠金全てを失ってしまうこともあるということは、頭に入れておきたいところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です